蚊取り線香と夏休みの思い出


多摩境駅を最寄りとするマンション売却相談の為、
夕方、あるお宅を訪問しました。

節電の夏を意識されているのか
マンションの多くの部屋は風が通るように
窓や玄関扉が開け放たれています。

そしてマンション共用部に漂う蚊取り線香の香り。
季節を感じる蚊取り線香の匂いが私は大好きです。

実は先日「時をかける少女」(筒井康隆著)を読みました。
「タイムトラベラー」(NHK少年ドラマシリーズ)放映をきっかけに見直されている
筒井康隆の原作は1967年に書かれていて
後に映画化された作品を先に見ていた私にとって
“やけにあっさりしているな~”といった印象!

主人公の芳山は理科実験室でラベンダーの香りを嗅いで
タイムリープ(タイムトラベル)する

今日の私は蚊取り線香の香りで、一瞬タイムリープしました。

  • 懐かしい祖母の笑顔
  • デパートで買ってくれた白桃の甘み
  • 開け放たれた部屋に立ち込める蚊取り線香の臭い

岡山の田舎で過ごした夏休みの思い出です。

体の弱かった母は毎年夏になるころ長期入院をしました
当時小学生だった私は母の実家がある岡山に
夏休みが終わるまで預けられることが多かったように記憶しています。

寂しさは勿論あったが
楽しい小学生の夏休み
従兄弟と魚捕りをした三間川も覚えているし
カブトムシを捕りに行った山中、突然の雷雨で
向かいの山に雷が落ちたのを今でもありありと思い出せる。

当時、不憫に思っていたのか
私には特別やさしかった祖母も数年前に亡くなった

しかし、毎年蚊取り線香の匂いを嗅ぐと
祖母との夏休みの思い出が溢れてくる

今年は折りからの節電対策のため
蚊取り線香もよく売れていると聞く

私の娘達にも特別な夏休みの思い出ができれば良いなと思う。

追記、当時体の弱かった母は
今では大変元気になり、孫達と遊んでくれています。