「夢をかなえるゾウ」水野敬也


「夢をかなえるゾウ」

飛鳥新社(出版社)
水野敬也(著者)



ビジネス書としては異彩を放っている

夢を持ちながらも「無気力」状態に陥っているサラリーマン
あろうことか関西弁のゾウに出会う

ゾウの「ガネーシャ」という神様に教えを請い
成長するサラリーマンの姿を描く

教えとされている事柄や気づきなどは
今まで他のビジネス書などで言い尽くされてきた内容が多い

この「言われてみれば当たり前」の事柄を
まだ若い著者の照れもあってか
神様の言葉で(しかも関西弁で)言わせている



この著者の読ませる技術に感心する

「はい。どうもガネーシャです。~」
で始まる(ゾウの姿をした)神様であるガネーシャの漫談は
正直、ハラハラドキドキと読んでいて緊張した
活字による漫談など読んだことがないからだ
結果、立派に成立している

著者の力量を感じさせる一例だ

「成功だけが人生やないし、理想の自分あきらめるのも人生やない。
ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて、
死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、
世界を閉じたくなるようなつらい日も、
涙が出るような美しい景色も、
全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな」

「世界を楽しんでや。心ゆくまで」

ゾウの言葉が身に染みた

コチラもお薦め!
電車の中では読めないよ(泣ける)